仕事雑感

先日、何かのニュースで「子どもの虫嫌いは親に影響している」と耳にしました。

「嫌いなものは嫌い」となるのは仕方ないと思いつつ

子どもは親の姿を見ていますから、虫が出たときの対応する姿を見られていますよね。

 

ただ虫に触れない子どもたちが多いとのことで気になります。

 

私が子どもの頃は、探検と称して茂みの中に入って遊んだりしたものですが

今は公園で遊ぶことも少なく、自然と触れ合うことが少ないことから

虫嫌い・虫に触れない子どもが多いのではないでしょうか?

 

もちろん虫に触るのも平気で

例えば、セミの抜け殻を大量に集めてきて困っている、などの

お母さんたちの悩みの種となっている話も聞きます。

 

虫が嫌い。

それでも私たちの周りには自然があり、虫たちの活動の場でもあることを

子どもたちと一緒になって考える時間をつくってみませんか?

関連記事

  1. 仕事雑感

  2. 暮らしのはなし

  3. 仕事雑感

  4. 暮らしのはなし⑪

  5. 暮らしのはなし

  6. 暮らしのはなし