仕事雑感

梅雨明けして夏本番となりましたね。

しかし、早い時期から夏を思わせる暑さに見舞われたり

ここ近日の豪雨や天候の変化に自然の恐怖を感じます。

 

と同時に虫たちにも変化が起こっているような感覚があります。

例えば、夏の風物詩である蝉の鳴き声。

梅雨明けするとニイニイゼミやアブラゼミの大合唱のはずが

既に秋の入りに鳴くヒグラシの声が聞こえます。

 

そして蝉の鳴き声もさほど大きくはなく、

日が沈むと外が明るくてもピタっと静かになります。

またお盆の頃によく見かける赤トンボも大量に飛んでいますよね。

 

夏は何処に行った?

そう感じざるを得ません。

 

地球上の生物は土地や天候の変化などで進化してきていますが

ここ最近の自然現象に適応した生物、昆虫へとまた変化していくのだと思います。

 

さて人間はどうなっていくのでしょうか?

100年、1000年先と、しぶとく地球上で生き残れるでしょうか?

関連記事

  1. 虫のアレコレ①

  2. 蜂のおはなし④

  3. 仕事雑感

  4. 蜂のおはなし⑥

  5. 自然界の不思議⑥

  6. 仕事雑感