トリビアな話③

日本では近年「働き方改革」が叫ばれています。

 

働き方改革とは

生産年齢人口の減少や育児や介護の両立、長時間労働の解消など

これまでの労働・労働環境課題を解決して

私たちが生活していく上で

より幸せに、より充実した生き方暮らし方を目指していこうとするものです。

 

新型コロナの感染拡大に伴い、テレワーク・リモートワークを取り入れたことで、

この改革が一層進んだと仰る方も見えます。

 

さて、働く・・・

集団で生活する昆虫も役割分担が決まっていて

例えば、アリ、

女王アリ・王アリ・働きアリ・兵アリが存在します。

 

この中の働きアリ。

実は集団の中では全部が働いているのではなく

(種類や環境などに影響されますが)

2割ほどがよく働き、4~6割が普通に働き(時々怠ける)

残りのアリは全く働かないのです。

 

ではこの集団のよく働くアリを除くとどうなるのか?

それは残ったアリの内、2割がよく働くようになり

4~6割は普通に働き、残りはサボるようになるというのです。

 

面白いですよね。

これは「働きアリの法則」と言われています。

 

では、人間の世界では・・・

テレワーク・リモートワークになって

働いていない人が誰なのか分かるようになったと聞かれます。

 

コロナで働き方改革が進んだのは良いけれど

働き方がバレてしまい、少々厳しい環境になった訳です。

 

コロナがもたらす環境の変化。

ついて行くのも大変な時代なのかも知れませんね。

 

関連記事

  1. 暮らしのはなし⑭

  2. 仕事雑感

  3. 暮らしのはなし⑤

  4. 新型コロナウィルス感染拡大に伴うご案内

  5. 虫のアレコレ⑨

  6. 蚊の話し②