しろありのお話し②

シロアリ

前回はシロアリの羽アリのお話しでしたが、今回も続けて羽アリのお話しです。

 

今年(2018年)も4月の半ばから「羽アリが飛んだ」とお電話を頂いております。

ご存知のように羽アリは王蟻と女王蟻であり、新しく巣立って繁殖活動を行う為に飛んでいきます。

そして「羽アリが飛んで行ったから我が家にはシロアリは居なくなった」と思われている方がいらっしゃいます。

 

結論からお話しすると、飛んで行った羽アリが10%として、残りの90%のシロアリはそのまま生息しています!

羽アリとなって飛んでいくのはほんの僅か、一握りのシロアリだけが羽アリとなれるのです。

ですから「羽アリが飛んで行った」からと言って安心してはいけません。

 

まず羽アリが飛んで行ったということは、何年も前からその場所にはシロアリが生息しており、住処がいっぱいになったので新天地を求めていったのです。

残りのシロアリはそのまま生息し続け、個体数を増やしています。

「羽アリが毎年出る」のはそのためで、羽アリを見かけたら「我が家にはシロアリがいる」と考えて頂き、まずは対策を打って頂きたいと思います。

関連記事

  1. 薬剤のはなし②

  2. 虫のアレコレ⑨

  3. 虫のアレコレ③

  4. 虫のアレコレ⑬

  5. 虫のアレコレ⑫

  6. しろありのお話し⑦