仕事雑感

先日まで夏のような暑さでしたが

このところは冷え込む日もあり、やっと秋らしい天候になりましたね。

キンモクセイも良い香りを漂わせて季節の移り代わりを感じます。

 

さて、そのキンモクセイも然り彼岸花も然り

ジャストタイミングで花を咲かせていると思いませんか?

 

花の開花条件は基本、日照時間と気温だと言われています。

例えば彼岸花は気温が20~25度になると咲き始めます。ちょうどお彼岸の頃ですね。

最低気温が20度前後まで下がってくると、地中の球根から花茎が30~50㎝メートルほど一気に伸び、

開花の時期となるのです。もし温暖化が進めば、お彼岸より遅れて咲くことになりますね。

 

また、キンモクセイは今年の春に伸長した新梢の葉腋に着花し、

8月上旬に花芽の分化、その後わずか50日程度で開花します。

 

開花した花は1週間ほどで香りが消えてしまうそうですが、

私たちにはずっと香っている感覚がありますよね?

これは、夏の異常高温による花芽分化の遅れと

2度咲きに起因しているのではないかと言われています。

 

花の咲くタイミングの変化は地球の環境の変化とも言えます。

四季があり、季節ごとに咲く花を愛でられる私たちは

環境の変化に敏感になることが大切なように思います。

関連記事

  1. 100回目!

  2. コウモリのはなし②

  3. 仕事雑感

  4. 湿気とカビのはなし①

  5. しろありのお話し⑪

  6. 自然界の不思議⑤