仕事雑感

ここ最近、人々が生活するエリアに熊や鹿、イノシシなどが出没し

安全な暮らしを脅かすニュースをたくさん目にするようになりました。

 

私が住む地域は山が近いため、私自身、猿を見かけたことがありますし

もっと山の麓に住んでいる友人は

学校から帰ってきたら冷蔵庫を猿が開けていたとか

農機具小屋にイノシシがいたなど聞いていて、

子どもの頃から自然が豊かなエリアでは

人と動物の生活の場は密接しているのだという意識がありました。

 

また、都会であっても小動物は生活しているため

一般の住宅の天井裏などは寝床となる場合があるのです。

 

特に春先~夏場にかけて、イタチやハクビシンなど

小動物の出産・子育て期になります。

 

屋根裏・天井裏から物音がする、鳴き声がする場合は

小動物が入り込んでいます。

 

小動物の生活の場になってしまった時は

糞尿の臭い、雑菌に注意する必要があります。

 

異変に気付いたら専門家に連絡し

すぐに対策することをおススメいたします。

関連記事

  1. 暮らしのはなし

  2. 仕事雑感

  3. 仕事雑感

  4. 暮らしのはなし⑨

  5. しろありのお話し①

  6. 暮らしのはなし