しろありのお話し

4月の半ばからシロアリの羽アリが飛ぶシーズンですが

そろそろイエシロアリの羽アリシーズンが迫ってきました。

 

シロアリは世界中に多くの種類が生息しています。

日本では約15種類ほど確認されています。

 

その中で数がいちばん多いのはヤマトシロアリです。

4月の半ばくらいから見かけていた羽アリの種類です。

 

一方、イエシロアリはこれからが羽アリシーズンとなります。

 

ヤマトシロアリとイエシロアリの違いは

まず、身体の大きさ。ヤマトシロアリは3~5mmであるのに対し

イエシロアリは5~9mmほどあります。

 

生息地域もヤマトシロアリは寒冷地を除き、日本全国生息しています。

イエシロアリは本州、四国、九州の沿岸部や沖縄、つまり暖かい地域です。

 

一番の違いは身体の大きさからか

イエシロアリの被害は家全体にまで及ぶことが多く、

被害が広がるスピードも速いのです。

 

またイエシロアリの羽アリは

夕方から夜にかけて、街灯の灯りに集まります。

 

そして何より地中に巣を作り、行動範囲も広く

エサから巣まで100メートル以上離れていることもあります。

つまり、家の床下だけがイエシロアリの住処ではないのです。

 

沿岸部などにお住まいの方で、

街灯に羽を付けたアリを見かけたときは

イエシロアリの疑いを持っていただいて

ご自身のお住まいがシロアリ被害に遭っていないか?

ご注意くださいね。

関連記事

  1. しろありのお話し

  2. 仕事雑感

  3. 仕事雑感

  4. 暮らしのはなし⑪

  5. シロアリ工事のはなし③

  6. 暮らしのはなし⑤