仕事雑感

子どもの頃から日曜日の朝は戦隊ヒーローものの番組がありましたよね。

昔は単純に「弱気を助け、強気を挫く」で

明確な悪者が居て、地球や大切な人たちを救うのが王道でした。

 

しかし今の番組はストーリーが少し難しいようです。

 

先日、テレビを点けると丁度、戦隊モノの番組が流れていました。

ヒーローの一人(ある国の王様)は自国の人々を守るために

他のヒーローたちとも手を取りつつ、悪者に加担しているのです。

 

ヒーローたちのまとめ役が「小さなものは救えても、本当の意味では誰も救えない」と

大義を成し得るには小さな犠牲は必要だと、悪者に加担していた王様に説く・・・

 

子どもたちに真意が通じるのだろうか?と心配になりつつも、そこはヒーローもの。

小さなアクシデントを乗り越えながらも悪者を倒すストーリーに進んでいくようです(笑)

 

今回、私が一番興味を持ったのが王様も悪者も全てが昆虫モチーフ!

王様たちが合体して最強のロボに変身します。

 

そして悪者はやはり「害虫」でした。

害虫は農作物を荒らしたりするために、人にとっては良くない存在なのでしょうが

生物たちが生きる地球のためには必要です。

今後はそんな害虫の大切な部分も伝わるストーリーになって欲しいですね。

 

 

関連記事

  1. コウモリのはなし⑤

  2. 仕事雑感

  3. 仕事雑感

  4. しろありのお話し⑭

  5. 昆虫食について⑨

  6. ケムシのお話し①