暮らしのはなし

2022年は3月5日が啓蟄でした。

啓蟄とは、啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が春の訪れを感じ、穴から出てくる頃を言います。雨水から15日目あたり。

 

生活に支障をきたすほどの降雪量となった地域も多く、この冬はとても寒かったですよね。私も久しぶりにロングのダウンコート一辺倒で過ごしました。

これから暖かい春が来ると思うと気持ちがパーッと明るくなり、お出かけも楽しみです。

ただ、コロナにより遠出をするのは控えている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな時は、快適に過ごすために一度、こまめな掃除をしておくことをお勧めします。

虫たちが活発に活動する前だからこそ、小さな虫の死骸やお菓子などの食べかすを掃除することでダニの発生を抑えます。これは雑食性のゴキブリの対策にもなります。

またエアコンのフィルターを掃除しておくと、冬の間に溜まった埃が取ることができてダストアレルギーの発症を少なくし、カビの発生を抑えることにも有効です。

 

寒い時期の掃除は誰しもが億劫で大雑把になってしまいがちです。

暖かくなってきたからこそ、掃除を見直すタイミングですよ!

関連記事

  1. ヤスデのはなし①

  2. 仕事雑感

  3. 仕事雑感

  4. 昆虫食について②

  5. よんデジ券利用可能期間の終了期限が迫っています

  6. 仕事雑感