暮らしのはなし⑰

ここ最近「地球環境に負荷を掛けない」ことが大切になってきています。

 

例えば、一つの食べ物を生育するためにどれだけの水が必要か?ですとか

どれだけ地球環境を破壊して餌を与えているか?などなど。

 

一番有名な例が牛肉ではないでしょうか?

牛を育てるには水・餌共に大量に必要です。

しかも将来的に牛肉を食用とする人口に対して、供給できる数が足りないのです。

そこで大豆などを原材料とした代替肉が開発されています。

 

味もどんどんと改良されていてリアルな肉に近づいたと言われています。

あとは、地球環境にも人間の健康にも良いものであるという情報発信を

如何に行っていくか?ではないでしょうか。

 

そしてミルクもアーモンドミルクやオーツミルク、ライスミルクなどが

スーパーにも並ぶようになりました。

 

私たちの未来は地球にやさしいものでありたいですよね。

 

 

関連記事

  1. 虫のアレコレ⑨

  2. しろありのお話し⑧

  3. 仕事雑感

  4. 仕事雑感

  5. 自然界の不思議⑭

  6. 蜂のおはなし⑤