蜂のおはなし⑨

ミツバチの天敵がスズメバチであることは有名です。

 

スズメバチは集団でミツバチの巣に襲いかかり、

巣の中や巣の周りで巣を守っているのミツバチの頭部をかみ切ります。

それから巣を占領して、ミツバチの幼虫を時間をかけて食べつくすのです。

 

これに対しミツバチは熱殺蜂球と言う技で対抗します。

熱殺蜂球とは、巣の中に侵入してきたスズメバチを

数百匹のミツバチが球状に取り囲み、

腹部の筋肉収縮・翅の振動などを利用し

球状の中心部を50度まで上昇させて蒸し殺すのです。

 

ミツバチが50度まで耐えうるのに対し

スズメバチは45~46度までした耐えられない体であることを利用したものです。

 

これだけでもスゴイな~と思うのですが

先日見たネットニュースでは

東南アジアのミツバチは動物の糞を巣の入り口に塗り、

スズメバチを寄せ付けないようにしているのだとか!

 

その糞の臭いなのか?何がかしらの成分が

スズメバチを寄せ付けないのか?は明記されていませんでしたが

同じ「蜂」類でもミツバチは平気でスズメバチは近寄らないことは

とても興味深いですよね!!

 

本当に自然は不思議なことばかりです。

関連記事

  1. しろありのお話し⑪

  2. 節分

  3. 薬剤のはなし①

  4. 仕事雑感

  5. 仕事雑感

  6. しろありのお話し⑩