ヤスデのはなし①

ムカデと同様グロテスクな姿から不快害虫とされるヤスデ。

ちょうど梅雨時期なるとよく見かけます。

 

ヤスデは秋に卵を産み、幼虫は土の中で暮らしていますが

5月下旬から7月上旬には成虫となって地面上に出てきます。

 

ヤスデはムカデと異なり人を刺しません。

ただ外敵から身を守るために出す「臭液」は刺激性があり臭い以外にも皮膚がカブレたり

服やカーペットのシミになるため、むやみに触ったりつぶしたりするのは止めましょう。

 

普段は森の中に住み、落ち葉などを食べ、排出物は土壌の栄養となります。

家に上がってきて困る場合は、ムカデの対策と同じく家の周りに殺虫剤を撒いて対策を行ってください。

関連記事

  1. 羽アリシーズン到来(2019年)

  2. 蜂のおはなし⑥

  3. 新型コロナウィルス感染拡大に伴うご案内

  4. 昆虫食について③

  5. 虫のアレコレ⑪

  6. しろありのお話し⑩